通常検索
詳細検索

現在地

リモートアクセスについて

電子ジャーナルやデータベースは原則として所内ネットワーク内でのみ利用可能となっていますが、一定の手続きをすることにより所外からのアクセス(リモートアクセス)が可能になる電子ジャーナル・データベースがあります。代表的なサイトと手続きの方法は以下の通りです。


  • ScienceDirect

     ①所内ネットワーク内でユーザー登録後、Sign in をする
     ②ユーザー登録した旨と登録したメールアドレス(@nipr.ac.jp)を情報図書室へ連絡
     ③情報図書室でリモートアクセス権限を付与
     ④ログインしてリモートアクセス可能

    ※参考:クイックレファレンスガイドなど


  • Scopus

     ①所内ネットワーク内でユーザー登録
     ②ユーザー登録した旨と登録したメールアドレス(@nipr.ac.jp)を情報図書室へ連絡
     ③情報図書室でリモートアクセス権限を付与
     ④ログインしてリモートアクセス可能

    ※ID・PW及びリモートアクセス権限はScienceDirectと共通です。
    既にScienceDirectのIDを取得しリモートアクセス権限を付与されている場合、上記の手続きは不要です。

    ※参考:クイックレファレンスガイドなど


  • SpringerLink

     ①所内ネットワーク内で個人アカウントを作成
     ②個人アカウントを作成した旨と登録したメールアドレス(@nipr.ac.jp)を情報図書室へ連絡
     ③情報図書室でリモートアクセス権限を付与
     ④登録アドレスに "SpringerLink access" という inviteメールが届く
     ⑤メール内のリンク先からログインして手続き完了
     ⑥以後は SpringerLink からログインしてリモートアクセス可能


  • Wiley Online Library

     ①所内ネットワーク内でメールアドレス(@nipr.ac.jp)を用いて個人アカウントを作成
     ②以後はログインしてリモートアクセス可能
    ※有効期間が60日間のため、定期的に所内からログインする必要あり。


  • Taylor & Francis Online

     ①所内ネットワーク内でメールアドレス(@nipr.ac.jp)を用いて個人アカウントを作成
     ②以後はログインしてリモートアクセス可能
    ※有効期間が90日間のため、定期的に所内からログインする必要あり。


  • EBSCOhost

     ①所内ネットワーク内でメールアドレス(@nipr.ac.jp)を用いて個人アカウントを作成
     ②以後はサインインしてリモートアクセス可能


  • Google Scholar CASA(Campus Activated Subscriber Access)
    ※対応有無や条件が異なるため、各出版社HPを要確認のこと。

     基本的な流れは以下の通り。
     ①所内ネットワークからGoogleサービスへログイン
     ②Google Scholarの設定-アカウントで「ログイン時に大学構外で利用可能なリンク」にチェックを入れる
     ③Google Scholarを介してジャーナルへアクセスし、閲覧権限があるという履歴を残す
     ④所外からGoogle Scholarを介して30日間はリモートアクセスが可能


  • 登録方法等ご不明な点がございましたら、情報図書室までお問い合わせください。